真田丸に橋本まなみ。配役の細川ガラシャってどんな人?

   

橋本まなみさんは人気が出る前に一度武蔵に
出演して以降、実に13年ぶりとなる大河ドラ

マ出演になります。

 

まだ人気の出る前の出演だったこともあり、

大河ドラマへの再起用には強い思いがある

ようです。

 


スポンサーリンク


 

細川ガラシャとは?

 

今回の橋本まなみさんがゲットした配役は細

川ガラシャ。

 

信長を裏切ったあの明智光秀の三女です。

 

信長の勧めにより細川忠興に嫁ぎましたが、

親である明智光秀の謀反により反逆者の娘と

して幽閉されてしまいます。

 

後にキリスト教を信仰し、洗礼名としてガラ

シャの名を名乗りだします。

 

禁教令下での改宗だったため、夫である細川

忠興にすら隠していました。

 

発覚後、当然細川忠興は大激怒。

 

禅宗への改宗を脅迫したり、側室を持ってみ

たりと辛く当たるようになります。

 

関が原の戦いの前、石田光成により人質に取

られそうになり、家老に自分の胸を長刀で突

かせてその生涯を終えました。

 

真田丸ではどのような演出になるのでしょう

か。

 

橋本まなみさんの出番が楽しみですね。

 

 

「武蔵」では?


スポンサーリンク


 

前回出演の大河ドラマ「武蔵」では、徳川第

2代将軍秀忠の娘、千姫役。

 

出番もセリフも少なく、決して「おいしい」

役柄とは言えませんでした。

 

その時、いつかまた大河ドラマへ出るという

目標を持ち、着付けや日本舞踊を

習いだしたそうです。

 

また、細川ガラシャがキリシタンであること

から、ラテン語で賛美歌を歌うそうです。

 

期待しましょう。

 


スポンサーリンク


 - 芸能