DAIGOのプロポーズソングKSK、CD化決定もブーイングの嵐?!

   

メンタリストではないほうのDAIGOさんが北川

景子さんと結婚しました。

 

プロポーズではDAIGO語でKSK(結婚・して・

ください)でした。

 

その際、北川景子さんはDAIGO語で答えられ

なかったことを悔やんでいたとか。

 

結婚披露宴では「KSK」をロックバラードで

歌い、北川さんも「HI(はい)」と答えるこ

とができたそうです。

 

さて、このロックバラード「KSK」が、6月15

日にリリースされることになりました。

 

予てより音源化を望む声は多かったですが、

かなりの大不評のようです。

 

いったい何故なのでしょうか。

 


スポンサーリンク


 

CD化までの経緯

 

披露宴に出席したテレビ局の音楽番組プロデ

ューサーが即座に出演オファーを行った

だとか、

ファンから音源化を望む声が殺到した

といった状況によりCD発売が決定したそうで

す。

 

この取ってつけたようなエピソードが

不信感を呼んでいるのだとか。

 

ネットでは「2人だけのものにしてればよか

ったのに」「結局金か」「無料配信だったら

絶賛したのに」など、素敵な思い出が売り物

になったことに不快感を示しているようです。

 

 

消え行くDAIGO


スポンサーリンク


 

日本テレビ系列の「天才!志村動物園」や、

TBS系列の「モニタリング」等のバラエティ

番組に出演中のDAIGOさん。

 

昨年10月に出馬報道があったことで、テレビ

局各社はDAIGOさんの起用に慎重になってい

るようです。

 

そんな中、今回のCD化で好感度が落ちてしま

ったら、さらにテレビから遠ざかってしまう

ことになりそうです。

 

今回は不評とは言っても、番組降板等の騒動

に発展するほどの問題ではないようですので

現在出演中の番組は特に変わりなくこれから

も出演できるものと思われます。

 

 

一方の北川景子

 

今後が黄色信号のDAIGOさんに対し、北川さん

は好調です。

 

7月には日本テレビ系列で「家売るオンナ」へ

の主演が決まっています。

 

今回の騒動の影響を受けないといいですね。

 

 

まとめ

 

結婚発表では二人とも好感度が上がり、特に

それぞれ同性のファンが増えたようです。

 

ですが、その増えたファンが今回の不評で

離れてしまうとしたら悲しいですね。

 

元々ファンだった人たちはCD化を喜んでいる

のでしょうか。

 

ネット上では批判が目立ってはいますが、逆

風のときに支えられるのが本当のファンでは

ないかなと思います。

 

とはいえ、もともと好感度が高い芸能人はこ

ういった騒動で人気が翳ることが多いですね。

 

今後、好感度を回復する手立てはあるのでしょ

うか。


スポンサーリンク


 - 芸能