桂歌丸の死因と病名は?慢性閉塞性肺疾患(COPD)とはどんな病気か?

   

長年、笑点などで日本のお茶の間を楽しませてくれた、落語家の桂歌丸さんが死去したとの一報が流れました。

 

最初の報道では、死因については言及されていませんでしたが、どの様な病気で亡くなったのか、調べてみました。

 

【関連記事】

椎名冨士子の経歴と桂歌丸との馴れ初めは?鬼嫁や恐妻家の噂より若い頃が美人すぎる?

 


スポンサーリンク


 

笑点などで活躍した桂歌丸さん81歳で死去

 

大変残念なニュースがまた報道されました。

 

笑点などで長い間活躍していた、国民的落語家の桂歌丸さんが81歳で死去されたとのことです。

 

訃報 桂歌丸さん81歳=落語家、笑点で人気

 

人気演芸番組「笑点」で長く親しまれた落語家で落語芸術協会会長の桂歌丸(かつら・うたまる、本名・椎名巌=しいな・いわお)さんが2日午前11時43分、死去した。81歳

1951年、15歳で五代目古今亭今輔に入門し前座名今児(いまじ)を名乗った。2年半ほど落語界から遠ざかったが、61年兄弟子の桂米丸門下に移り米坊として出直し。64年歌丸と改名し、68年に真打ち昇進した。

66年に始まった日曜夕方放送の「笑点」では、一時降板したが、当初からのレギュラーメンバー。三遊亭小円遊さん(80年死去)や三遊亭楽太郎(現六代目円楽)さんとの掛け合いが、茶の間の人気を呼んだ。2006年には五代目円楽さん(09年死去)に代わって5代目の司会者を16年まで務め、高視聴率番組の安定した人気をけん引した。

生家は横浜の妓楼(ぎろう)。地元愛は有名で、74年からは地元にある三吉演芸場で独演会を開いてきた。芸や噺(はなし)の継承にも力を入れ、「真景累ケ淵(しんけいかさねがふち)」「牡丹灯籠(ぼたんどうろう)」「怪談乳房榎(ちぶさえのき)」といった三遊亭円朝の長編の続き物を数多く手がけた。

04年に落語芸術協会会長、10年からは横浜にぎわい座館長も務め、後継の育成や落語界発展に尽くした。

芸術選奨文部科学大臣賞、文化庁芸術祭賞など受賞多数。07年旭日小綬章。16年文部科学大臣表彰。

著書に「座布団一枚! 桂歌丸のわが落語人生」など。

近年は誤えん性肺炎などで体調を崩し、入退院を繰り返していたが、今年4月の国立演芸場では隔日でトリをつとめ、長講の「小間物屋政談」を熱演していた。

引用:https://mainichi.jp/articles/20180702/k00/00e/040/274000c

 

 

テレビでもニュース速報など流れるほどの大ニュースなわけですが、そのニュースの中に気になる点がありました。

 

その死因はどのようなものだったのでしょうか?

 

 

桂歌丸さんの死因は慢性閉塞性肺疾患(COPD)?


スポンサーリンク


 

桂歌丸さんの過去の病歴からみますと、慢性閉塞性肺疾患(COPD)や誤嚥性肺炎というワードが出てきます。

 

誤嚥性肺炎などは病気とはまた少し違いますので、原因となる死因を結びつけるとなると慢性閉塞性肺疾患である可能性が非常に高いようです。

 

※追記:慢性閉塞性肺疾患が死因であることが公表されました。

 

 

慢性閉塞性肺疾患(COPD)とはどんな病気か?

 

病気の内容について、以下のページから引用させていただきました。

 

COPDとは、一体どういうものでしょうか?
COPDは「シー・オー・ピー・ディー」と読み、日本語では、「慢性閉塞性肺疾患」と言います

タバコによって、肺が壊れ、だんだんと息切れが進行し、酸素が必要となる病気です。他の症状としては咳と痰があります。

進行すると、酸素が足りない、要するに酸欠状態になります。

 

水に溺れて息苦しい状況がずっと続いていることを想像して頂ければ良いのですが、COPDが進行すると24時間そのような状態となります。とてもつらい病気です。

 

「肺気腫」や「慢性気管支炎」などと以前は言われていたものを含む病気です。COPD 患者さんの90%は喫煙者で、タバコ病の1つです

 

死亡の原因としてすでに世界では第4位となっており, WHO(世界保健機関)によると,2020年までには第3位になると予測されています。その割には認知度が低い病気であまり知られていません。

引用:http://smoke-free-way.com/copd-utamaru

 

 

基本的な要因としては、タバコが原因となる病気です。

 

その結果として、肺の機能が徐々に失われ、呼吸をしても酸素を取り入れるということが徐々にできなくなり、人間としての機能が維持できなくなった段階で生命活動ができなくなると、そういった状況になるものと言えると思います。

 

想像すると、なかなか辛いものではありますが、人間の老化現象の一つとしては、肺機能の低下というのは意外とポピュラーな病気であり、和田アキ子さんなどもこの病気の治療を行っていると過去に報道されています。

 

実際に、老衰による肺炎は高齢者では死亡原因の1,2位を争うものですし、過去の桂歌丸さんの入院報道などで取り上げられた、誤嚥性肺炎も、それに類する病気と言えます。

 

桂歌丸さんの場合も、年齢が81歳とのことで、体力の低下により耐えられなくなった部分も大きいかと思いますので、個人的な感想としては病名が付いているものの老衰に近いお亡くなり方だったのかなと言う印象を受けています。

 

 

他にも多くの芸能人もかかっている慢性閉塞性肺疾患(COPD)


スポンサーリンク


 

今回の訃報にもある、桂歌丸さんだけでなく、現在も和田アキ子さんがその治療をしたという報道が過去にされています。

 

他にも、慢性閉塞性肺疾患で亡くなった著名人には以下のような方々がいます。

 

  • 仲谷昇 俳優  享年78
  • 竹山広 歌人 享年90
  • 新村礼子 女優 享年83
  • 藤間哲郎 作詞家 享年88

 

いずれも意外と高齢者が多いように見受けられます。

 

煙草によって肺機能が低下してた結果、死期を早めてしまったということは合ったかもしれませんが、逆に言うとそれ以外の病気(たとえば肺がんやそれ以外の肺疾患など)で亡くなること無くそこまでたどり着いた結果とも言えるのかもしれません。

 

ただ、肺疾患系は死亡原因としては世界でも日本でもとても多いものなので、慢性閉塞性肺疾患が直接原因にはなっていなくても、慢性閉塞性肺疾患かタバコに関連した複合的な死亡要因になっていることは割と多くあることなのかもしれません。

 

 

慢性閉塞性肺疾患という死因に対してどのような世間の声があるか?


スポンサーリンク


 

 

 

近年、喫煙者への風当たりの強さを反映してか、タバコ病であるこの肺疾患については、厳しい意見も多く見られたような気がします。

 

 

とはいえ、落語家にとって場合によっては命よりも大切だった声に関わる呼吸を奪われたことは、とても苦しかったことのように思います。

 

■貫き頑張りたい気持ちがテレビから伝わってきてた。痩せてるからだに吸入器は、最初見たときは痛々しかったけど、、、

それでもやりたいんだという意欲を感じて、生き方のそれぞれを感じた。ご冥福をお祈り致します。

 

■傍から見れば苦しいのに何故戦い続けるのかと思いましたが、それがプロなんだと改めて思いましたね。

お客さんが歌丸師匠を求めるなら、その声に応え続けるその姿勢は凄いと改めて思いました。

ご冥福をお祈りします。

 

 

私もこの方々の意見と同じ思いを感じました。

 

その最後までプロとして応え続けよう、貫き通そうとした姿勢は、桂歌丸という稀代の落語家の経歴とともに、未来に多くの人の心に残り続けることでしょう。

 

今まで有難うございました。ご冥福をお祈りします。

 

 

【関連記事】

椎名冨士子の経歴と桂歌丸との馴れ初めは?鬼嫁や恐妻家の噂より若い頃が美人すぎる?

 

Sponsored Links

 - 健康, 芸能