福岡刺殺事件は被害者Hagex岡本顕一郎と犯人低能先生のネット殺人だった

   

2018年6月24日夜に発生した

福岡市旧大名小学校の刺殺事件。

 

犯人の動機と思われるネットでの

書き込みが話題になっています。

 

Hagexこと岡本顕一郎さん

ネット上で争っていた低能先生

呼ばれる人物に殺害された

ネット殺人だったという可能性

が浮上しています。

 

【関連記事】

福岡大名小セミナーで刺された岡本顕一郎さんはHagexの正体で確定なのか?

JR代々木駅前の駅ビルで刃物を持った上半身裸の入れ墨男が立てこもり中【動画あり】

糸魚川大火事の出火元中華料理店「上海軒」のレビューを見てみると少し問題が…

 


スポンサーリンク


 

犯人の無職、松本英光容疑者(42)は低能先生と呼ばれていた人物?

 

6月24日8時頃発生した事件は

犯人が現場から自転車で逃走した後

およそ3時間ほどで犯人が出頭する

形を迎えました。

 

その犯人の名前なども徐々に

報道されるようになってきています。

 

福岡男性刺殺 ネット書き込みで恨み 出頭の42歳男逮捕

福岡市中央区大名2の旧大名小学校の起業支援施設で24日にIT関連セミナーの講師をしていた男性が刺殺された事件で、福岡県警は25日、殺害されたのは東京都江東区東雲(しののめ)2、インターネットセキュリティー会社員、岡本顕一郎さん(41)と明らかにし、事件後に交番に出頭した福岡市東区筥松1、無職、松本英光容疑者(42)を殺人と銃刀法違反の両容疑で逮捕した。2人に直接の面識はなく、ネットでのやりとりを巡って松本容疑者が一方的に恨みを募らせたとみて調べる。

引用:https://mainichi.jp/articles/20180625/k00/00e/040/203000c

 

殺害動機については、殺害された

岡本顕一郎さんがHagex氏本人で

あったと話題になったときから色々

と噂されていましたが、ネット上

での恨みが原因のネット殺人という

ことになりそうです。

 

 

ネット上でのトラブルで殺人にまで

発展してしまう例は今まで無かった

わけではないですが、なんだかんだ

 

リアルでももめていることが普通な

ので、今回のように全く面識がなく

有名人が殺害されるケースの純粋な

意味でのネット殺人というのは

珍しいと思います。

 

 

その点で、今回の事件は多くの

著名人も話題にしています。

 

まあ自分の立場に置き換えて危機感を

感じている場合も多いのでしょうね。

 

 

犯人の松本英光容疑者が出頭前にしたとされる書き込みから低能先生と呼ばれていた人物である可能性が高まる


スポンサーリンク


 

ネット上では

この犯人の松本英光容疑者は

はてなブログでHagex氏などと

罵り合いを繰り返し

 

低能先生と名付けられていた

人物だったのではないかという

話が出ています。

 

大きな根拠となっているのは

犯人が出頭前に書き込んだのでは

ないかと言われているこの

はてなブログへの書き込みです。

 

 

 

書き込み時間は22時29分。

 

出頭したのが23時少し前という

ことですから、時間の点では

符合しているように見えます。

 

 

書き込まれている内容が

この22時29分段階では知られて

いなかった、42歳や交番に自首

などの内容を含んでいることから

 

確かに犯人の書き込みである

可能性が高いと考えられそうです。

 

 

そして、この文面のネット弁慶や増田

言葉遣いなどから、日頃からHagex氏の

周辺に粘着し、低能先生と呼ばれて

 

馬鹿にされていた人物が犯人である

ということがネット上ではほぼ確定的な

事実として語られています。

 

 

面識もなくネットでのやり取りだけで殺人にまで達する恐怖


スポンサーリンク


 

常識的に考えれば、面識もない相手を

ネットでバカにされたからと言うだけで

殺害するというのは理屈に合わないよう

に思います。

 

どう考えてもメリットとデメリットが

釣り合いません。

 

 

しかし、殺人をしてしまうような

普通でない人間が、そもそもメリットなど

考えて行動などするとは言えませんし

 

常識を持ち合わせていないからこそ

常軌を逸した犯罪を犯してしまうとも

言えるでしょう。

 

 

そういう部分では、私達の常識に照らす

ことは意味のないことなのかもしれません。

 

 

ただ、人間が不合理な存在であるという

前提にたてば、我々が気軽にしてしまう

ネットでの書き込みも、その画面の向こう

にはリアルな人間がいるのだという現実を

考え、もっと慎重になるべきなのかも

しれません。

 

 

過去には秋葉原で起きた秋葉原通り魔事件

の犯人、加藤智大の犯行動機も、ネットで

の居場所が無くなったからだと考えられて

います。

 

 

この低能先生に対しても、被害者のHagex氏

は端から通報して言論の機会を奪うという

対処方法をとっていたとされています。

 

この、相手をした(なんらかの居場所を

作り上げた)上で、居場所を奪う、発言

機会を奪うという行為が、今回事件と

秋葉原通り魔事件の共通点と考えるなら

人間の非合理なトリガーがそのあたりに

あると考えられるのかもしれませんね。

 

 

私もネットをやっていると、想像を

超えるような行動をする人物を時々

目にするときがあります。

 

ネットでは多くの人と接点を持つ機会が

増えた反面、そういう常識の外にいる

ような人とも出会う機会が増えるという

ことでしょうから、多くの人がその点は

注意するべきなのでしょう。

 

【関連記事】

福岡大名小セミナーで刺された岡本顕一郎さんはHagexの正体で確定なのか?

JR代々木駅前の駅ビルで刃物を持った上半身裸の入れ墨男が立てこもり中【動画あり】

糸魚川大火事の出火元中華料理店「上海軒」のレビューを見てみると少し問題が…

 

Sponsored Links

 - 社会