アップル終了?米著名投資家アイカーンが株全放出!!中国政府が動いた!?

   

アメリカで最も有名な投資家の一人であ

る、カール・アイカーン氏が28日、イン

タビューで「アップル株を手放した」と

発言しました。

 

このインタビューの後、アップル株は前

日比3%の大暴落、そして米株指標のダウ

工業株30種平均が200ドル超の下げ幅とな

りました。

 

さて、ではなぜアイカーンはアップル株を

手放したのか。

 

今後アップルはどうなると見ているのか。

 

まとめてみました。

 


スポンサーリンク


 

中国市場

 

中国政府が国内での外国企業への規制強化

に乗り出したことでアップルの中国市場で

の業績に翳りが出ると見ています。

 

1~3月期決算では、中国市場(香港・台湾

を含む)での売上高がアップル社全体の約

4分の1を占めており、iPhone本体の販売が

が不調の中、中国での利用者拡大を目指し

ていました。

 

中国政府が規制しているのは外国企業だけ

でなく、インターネットサービスにもその

牙を剥いています。

 

アップル社は中国にとって外国企業であり、

なおかつインターネットサービス業でもあ

るため、厳しい状況になることでしょう。

 

 

投資家カール・アイカーンとアップル


スポンサーリンク


 

2013年、アップル社の株を大量保有してい

ることをツイッターで発言した後、アップ

ル社の株価が5%上昇し、時価総額2兆円以上

の増加となり話題になりました。

 

アップル社は過小評価されているとも発言

しており、非常に高く評価していたようで

す。

 

2014年にも5億ドル相当の買い増しをして

おり、一時40億ドル強を投資していました。

 

ちなみに、この買い増し時は前日の引け後

決算発表で下方修正を行ったこともあり、

8%近く下落していました。

 

そして、一転

 

2015年末には約700万株を売却。

保有株式数4580万としましたが、それでも

金額にすると48億ドル相当と、かなりの額

を保有していました。

 

そして今年、2016年2月に全放出。

中国の規制によりアップル社に見切りをつ

けたことになります。

 

 

日本でのアップル

 

日本でのiPhoneのシェア率は2016年1月に

ついに50%を超え、アップル社単独過半数

となりました。

 

ですが、iPhone6sの売り上げは15%減とな

る等、不調の様子。

 

シェアは増えたものの売り上げは減?

 

このカラクリを調査してみたところ、スマ

ホそのものが十分に行き渡り、新規で購入

する人が減ったことが原因のようでした。

 

さらには1円スマホに代表される各種キャッ

シュバックのサービスが規制されたことに

よる機種変更やキャリア変更がなくなった

こともスマホ全体の売り上げ減に繋がって

いるのかもしれません。

 

 

まとめ

 

現時点では中国でのiPhoneの売り上げは、

日本国内での販売実績よりも規模が大き

くなり、中国国内での販売は世界2位の

シェア率となっているそうです。

 

今後の中国政府による規制がどの程度の

ものなのか。

 

アイカーン氏の全放出の決断は果たして

正しかったのか。

 

興味は尽きません。

 


スポンサーリンク


 - カルチャー, 社会