playstationVR予約開始!VRを安く体験する方法とは?試すならcardboardという選択肢も!

      2016/04/21

VR-ヴァーチャルリアリティ-が現実

のものになります。

 

2016年。VR体験をするために装着

する液晶付きゴーグルであるHMD

-ヘッドマウントディスプレイ-が各

社から発売されます。

 

部屋にいながら旅行ができ、過去や

未来へも旅立てる。

 

そんな仮想現実を体験できるVRで

すが、肝心のヘッドマウントディ

スプレイが非常に高い。

 

各社それぞれ10万円近い金額を予

定しており、ちょっと試してみよ

うという気持ちで出せる金額では

ありません。

 

 

もっと手ごろに体験できるVRは

ないものか。

 

ありました。

 

その名はgoogle cardboard。

 

そうです。

 

あのgoogle社が用意をしてくれています。

 


スポンサーリンク


 

お値段1/10以下

 

google cardboardはなんと材質がダン

ボール。

 

amazonでも購入でき、値段は2000円

程度です。

 

先ほどの10万円クラスとは比較になら

ない安さですね。

 

 

どんな製品か


スポンサーリンク


 

ダンボールで枠組みが作られており、

そこにスマホを液晶代わりにセット

することでヘッドマウントディスプ

レイとします。

 

iPhone向けに最適化されていますが、

android端末もほぼ問題なく見ること

ができます。

 

 

問題点

 

VR専用に開発されているplaystatio

nVR等と比べると、やはりスマホを

液晶に使っている点で色々劣ってし

まいます。

 

 

解像度の違い

 

同じゲーム世界に入ったとしても、

playstationVRほどは美麗な風景を

見ることはできません。

 

 

playstationVR用コンテンツが遊べない

 

playstation用のVRゲームを体験し

たい人にとっては大問題ですね。

 

playstation4で発売されるゲームは

playstationVRでしか遊べません。

 

ですので、playstation4で面白そう

なVRゲームが出たからやってみたい!

 

という方の場合はcardboardは代替機

にはなりません。

ただし、cardboardはスマホを使って

いるため、スマホアプリを利用するこ

とができます。

 

スマホアプリは個人製作者も公開でき

る土壌が整いましたので、playstation

VR等よりも製作者にとって敷居が低く、

面白い同人ゲームがたくさん出てくる

可能性があります。

 

 

PSVRとPC用HMDがネットカフェへの配備が決定

 

全国に広く展開しているネットカフェ。

 

各ネットカフェブランドにシステムや機

材を卸している会社がVR製作会社と提携

を結んでいます。

 

まず、国内のスタートアップ企業である

FOVE社の手がけるヘッドマウントディス

プレイ(HMD)、FOVE。

 

こちらはPCと接続するタイプですが、

ネットカフェならば高性能なPCがあり

ますので快適に遊べます。

 

また、それと平行してPlaystationVRも

配備予定です。

 

各ブースに備え付けではなく、カウン

ターで申し込んで借りる形態になるよ

うです。

 

4万円を超えることを考え盗難防止策と

してはこの方法に落ち着いたようです。

 

VRの選択肢

 

お金が余っているうらやましい人は

playstation4を持っているのならplay

stationVR。

 

高性能なPCを持っているのなら、

Oculus Rift。

 

VRにちょっとだけ興味があるから

まずはどんなものか試してみたい

という人はぜひcardboardを体験

してみてください。

 

VRが多くの人に知れ渡りますように。

 


スポンサーリンク


 - IT関連, ゲーム