宇多田ヒカル「真夏の通り雨」歌詞の意味と考察

      2016/04/30

 

とと姉ちゃんの主題歌「花束を君に」

と同時配信された「真夏の通り雨」

 

約5年ぶりに音楽活動を再開した宇多

田ヒカルさんですがこの5年間でいっ

たい彼女になにがあったのでしょう?

 

声質が変わっています。

 

しかし、休んでいたから劣化した、

下手になったというものではなく

宇多田さんが本来持っている鋭さ

みたいなものが良い具合に柔らか

さに変わっている印象を受けます。

 

本来、宇多田ヒカルさんの歌はアッ

プテンポな曲が多いのですが今回、

配信した2曲はしっとりと落ち着い

た曲に仕上がっています。

 

これは彼女が年齢を重ねたせいなのか

それとも変わる原因が他にあったのか?

 

調べていくうちに「真夏の通り雨」

や「花束を君に」の歌詞に込めら

れた深く切ない意味を感じ取れる

ことが出来ました。

 

真相は本人に聞かない限りわかる

事はないのですが個人的な感想を

まとめていきます。

 


スポンサーリンク


 

母との死別

 

宇多田ヒカルさんは活動休止中に

母・藤圭子さんと死別しています。

 

「真夏の通り雨」の「花束を君に

」も解釈の仕方によっては母との

死別を歌っている曲にとれます。

 

特に「真夏の通り雨」はその傾向

が強く彼女の感情が暴走してどう

しようもない様子が感じられる曲

になっていますね。

 

幼子が言葉にならない駄々を体い

っぱいで表現するかのように宇多

田ヒカルさんはこの歌を通じて亡

き母に精一杯の我儘を歌詞で表現

しているのかもしれません。

 

宇多田ヒカルさにとって藤圭子さ

んはそれほど尊敬し溺愛した母親

だったんですね。

 

それでは個人的にはなりますが私

の意味・考察を書いていきます。

 

 

歌詞の意味考察


スポンサーリンク


 

目を覚ました事で先ほど見ていた

夢がもう見れないというフレーズ。

 

これは素直に母の夢を見ていたけど

目覚めてしまって夢に戻れなくて悲

しい。と解釈していいのでしょうか?

 

もう少し違う意味が込められているの

では?と考えた結果、母と過ごした日

々が夢のように楽しいもので、母がい

なくなった今は想い出だけ鮮明に残っ

ているが実際にはもう会えない。

 

などの意味が込められているの

では?と考えました。

 

汗ばんだとあります。これはタ

イトルの真夏をイメージしてい

るのではないかと思われます。

 

つぎの「若葉」も夏をイメージ

できますが若葉と言えば季節的

に初夏にあたるのでもう少し違

った意味が込められているのか

もしれません。

 

「勝てぬ戦に息を切らす」母・

藤圭子さんを人生の目標的な存

在として見ていたんでしょうね。

 

幸せな現状に満足して亡き目標を

見失ってしまっていいのか?人生

の目標でもあり、心から敬愛して

いた母を亡くした気持ちが複雑に

表現されていて鳥肌が立ちます。

 

「見送り人の影」この影は宇多田

ヒカルさんご自身の事でしょう。

 

月日が流れて季節は変わっても、

いつまでも忘れる事が出来ない。

 

忘れてしまってもいいのだろう

か?などの葛藤も見られます。

 

タイトルの「真夏の通り雨」は

夕立やスコールなど比較的短時

間で振る雨を連想しますが「真

夏の通り雨」を聞く限りでは雨

は止んでいません。

 

夕立って急に辺りが暗くなって

激しい雨が降る事が多いです。

 

ほとんどの人が雨宿りをします。

 

雨宿りしている時は「いつ止むの

かなぁ」などと考えたりもします。

 

辺りも薄暗いし雨の音しか聞こえな

いし少し不安になったりもします。

 

曲の中では雨は止みません。

 

この状況を母との死別を克服できな

い宇多田さん自身に置き換えて作っ

た歌詞なのではないでしょうか?

 

歌詞では母との死別を克服できない

様子を表現していますが、現在は克

服して音楽業界に帰ってきていると

信じ考察を終わりたいと思います。

 

 

YouTubeのカバーもオススメ

 

「真夏の通り雨」YouTnbeなどで

沢山の方がカバーしています。

 

カラオケ程度の方もいますが中に

は本格的な設備を導入してカバー

している人もいます。

 

私が参考にさせてもらったのは「

NAADA」のRECO(レーコ)さん。

 

歌声もさることながら曲の意味や

背景も考えながら表現されている

と感じました。(視聴の価値あり)

 

 

 

 

まとめ

 

本当に良い歌ですね。宇多田さ

んの言葉選びや歌声で切なさを

一層引き立てています。

 

「花束を君に」も母・藤圭子さん

との死別を描いているものだと思

われますが「真夏の通り雨」とは

正反対に感じられます。

 

これも彼女の才能がなせる業なん

だと感心させられるばかり。

 

ファンの一人としてこれからも彼

女を応援していきたいと思います。

 

おかえりHIKKI

 

 

関連記事

【花束を君に】フルver.配信開始!歌詞の意味は?テーマは【死】
宇多田ヒカル「花束を君に」は死の歌?歌詞から考察!意外な意味が
とと姉ちゃんで使われている遠州弁とは?流行語大賞なるか?
高畑充希と高畑淳子は親戚?親子?娘?北川景子も関係が!

 


スポンサーリンク


 - ドラマ, 未分類, 音楽