【花束を君に】フルver.配信開始!歌詞の意味は?テーマは【死】

   

4月15日に配信が開始された

宇多田ヒカルの「花束を君に」

 

とと姉ちゃんで聞いてから待ち望ん

でた人も多いのではないでしょうか?

 

連続テレビ小説「とと姉ちゃん」の

オープニングに起用されたこともあ

り話題を呼んでいるこの曲。

 

ネットでは大絶賛の声!iTunesに配信さ

れたその日にランキング1位を獲得する

など大いに盛り上がりを見せています。

 

余談ですが2位は日本テレビ「NEWS

ZERO」のテーマ曲、「真夏の通り雨」

こちらも宇多田ヒカルさん。

 

いやー、凄いですね。本人が「人間活動

」と称し音楽活動を休止していた約5年

間に母・藤圭子さんと死別、結婚、出産、

育児と波乱万丈とも言える生活をおくり

大きく成長して帰ってきた感じですね。

 

実はこの歌、「とと姉ちゃん」の為だ

けに書き下ろしたそうなのですが母・

藤圭子さんとの死別を綴った曲なので

は?と話題になっています。

 

死をテーマにしているにも関わらず優

しい曲調で聞き終わった後に心が満た

され充実感を感じさせる宇多田ヒカル

の才能に感服します。

 

フルver.配信前に歌詞の意味考察記事を

書いていたのですがフルver.になりどの

ように変わったのでしょうか。

 

フルver.配信前までの考察はこちら

 


スポンサーリンク


 

フルver.配信前の考察

 

以前にもまとめた「花束を君に」

歌詞の意味考察記事ですが、母・

藤圭子さんとの死別を綴った歌な

のでは?との結論になりました。

 

「涙色の花束」や死化粧を思わせ

る歌詞など大切な人の死を歌って

いる感じに受け取れました。

 

この歌、とと姉ちゃんで流れてい

る部分の1番のAメロ・Bメロ・サ

ビで90文字も無いんですね。

 

たった90文字でここまで人の心を

揺さぶる歌詞を書ける宇多田ヒカ

ルさんは天才としか言えません。

 

さて、フルver.が配信されました

がどのような歌詞でどのような意

味が込められているのでしょうか?

 

 

フルver.考察


スポンサーリンク


 

まず、フルver.を聞いてみた

感想としては、やはり宇多田

ヒカルは天才だ!

 

とと姉ちゃんで流れている部分

では終始優しい歌い方なのです

が2番に入るとサビなどで強く

強調する部分も見られ一層感情

を揺さぶられます。

 

私の出した考察の結論は「大切

な人を心から想いながら死別を

前向きに受け止めようとする歌」

だと感じました。

 

意味を詳しく解説していきましょう。

 

 

2番のAメロ

 

「毎日の人知れぬ」から始まるパート

 

楽しい事ばかりだと愛なんて感情は芽生

えなかったと言うニュアンスの歌詞があ

りますがこのフレーズだけで切ない思い

を何倍にも表現していると思います。

 

ここでは母・藤圭子との過去の思い出を

綴った部分だと思われますが、死別した

あと、当たり前に存在している人が突然

いなくなって初めて愛されていた事と愛

していた事を知った。

 

とも解釈できなくもないですね。

 

 

2番サビ

 

ここも意味深な歌詞がありますね。

 

言いたいことが「きっと」あるん

だけど~のフレーズが宇多田ヒカ

ルさんの才能を感じさせます。

 

特にこの「きっと」の部分は大切な

人に言葉を贈るときに感謝や尊敬の

気持ちは溢れるほどあるのにうまく

言葉に出来ない様子が伝わってきます。

 

1番のBメロにこの「きっと」を匂

わせるフレーズがありますね。こ

こが良い具合に伏線になっていて

この「きっと」を引き立たせてる

事がわかります。

 

2番サビ以降

 

1番、2番で死別と死別後の自身の

思いを綴って2番サビ以降は死別者

(藤圭子になるのかな?)との思い

出を歌う感じになっています。

 

ここでは溢れるほどの想いが伝わっ

てきます。1番のAメロで「真実には

ならない」とありますがここで「真

実には変わりない」と歌っています。

 

このもどかしい矛盾も宇多田ヒカルの

才能を感じさせる歌詞だと思います。

 

亡き母に甘えたかったとも取れるフレ

ーズもあり彼女の気持ちが爆発してい

る感じが受け取れますね。

 

最後にいくら讃えても足りないと表現

するなど、死別した相手に対する深い

尊敬と愛情が伝わってきます。

 

この歌が亡き母に綴った歌だとすれば

藤圭子さんは本当に愛されていたんだ

なぁと心から感じる事が出来ますね。

 

母の死を経て母との抱えきれない思い

出を胸に必死に死を受け止めようとも

がく宇多田ヒカルが見えるかのような

歌詞だと感じました。

 

以上の考察から最初に述べた「大切な

人を心から想いながら死別を前向きに

受け止める歌」だと私は感じました。

 

本当にいい歌ですねぇ。

 

 

今後の宇多田さんに期待!

 

個人的な考察に付き合って頂いて

どうもありがとうございました。

 

話は逸れますが宇多田ヒカルさん

が同時配信した「真夏の通り雨」

も非常に素晴らしいです。

 

こちらの楽曲も母・藤圭子さん

をかなり意識した歌詞になって

いますね。オススメです!

 

宇多田ヒカルさんも33歳。育

児、音楽活動と日々多忙な生

活をされていると思います。

 

ファンの1人として今後も素

晴らしい楽曲を作り続けてほ

しいとは思いますが育児優先

で家族ともども幸せに過ごし

て欲しいと思います。

 

これからもずっと応援してい

ます。ガンバレHIKKI!

 

関連記事

宇多田ヒカル「花束を君に」は死の歌?歌詞から考察!意外な意味が
とと姉ちゃんで使われている遠州弁とは?流行語大賞なるか?
高畑充希と高畑淳子は親戚?親子?娘?北川景子も関係が!

 


スポンサーリンク


 - ドラマ, 音楽